【子供と登山】笹原の絶景!人気の瓶ヶ森へ登ろう!CM起用されたUFOラインも見渡せます。

おでかけ

今回は、子供達と一緒に愛媛県西条市に位置する「瓶ヶ森」に登ってきました。

瓶ヶ森は四国山地西部の石鎚山脈に属する山で、標高は1,897mと、四国では5位の標高を持つ高峰なんです。

見渡す限りの笹が広がった山で、頂上からの景色だけでなく、登山中もこの一面に広がった緑を楽しむことができる、人気の山になります。

また、頂上までも1時間ちょっとで登ることができるので、子供連れや登山初心者でも挑戦しやすい山かなと感じました。

そして、登山入り口までは瓶ヶ森林道、別名UFOラインと呼ばれるCMのロケ地にもなったドライブコースを通ります。

こちらの景色も空に向かって走っているような爽快な景色を楽しむことができておすすめです。

アクセス

住所:〒793-0216 愛媛県西条市東之川乙

愛媛県小松ICからのルート

小松ICから国道11号を東方向に向かい、加茂川交差点を右折して、国道194号へ。そらまち街道を進んでいきます。そして長い寒風山トンネルを越えてすぐ、鋭角に折れ曲がる左道へ入るとUFOラインが始まります。

道幅の狭い道などクネクネ進むと・・・

最高に見晴らしのいい景色が待ってくれていますよ。

車のCMでも使われるだけある、素晴らしい景色。

青空に、驚くほど綺麗な緑の絨毯が広がっていました。

そして、UFOラインの途中に広々とした瓶ヶ森登山口駐車場があります。

瓶ヶ森登山入り口・トイレ

駐車場奥の登山入り口からスタート。

ここを少し登るとトイレがあります。

登山中、トイレはないので気をつけてね。

トイレ手前にはテーブルもあるので下山後の休憩にも。

登山ルート

瓶ヶ森には頂が2つあって、男山⇨女山ルートで登り下山は男山を経由しない反時計回りのルートがおすすめだと居合わせた登山者の方に教えて頂きました。

なんでも、下山時に男山を経由すると下りの坂がキツくて大変なんだそう。

男山を経由しない下山の場合、初めの560m(展望台のようなちょっとした休憩場所辺りまで)は下りが急でしたが、その後はなだらかでアップダウンのない道を進むようになります。

子供連れや初心者の方は、この反時計周りコースでぜひ挑戦してみてね。

男山

登山初めから笹に囲まれた道を進みます。

道幅は写真のように狭めです。

ちょっと振り返ると、白骨樹とウラジロモミの姿。

瓶ヶ森は笹原にこのが有名ですが、独特のシルエットでポツンポツンと佇む姿はなんとも言えない雰囲気を醸し出していました。

少し登ると、案内板が現れます。

キツめの坂や階段を登って行くと、笹原の開放的な景色が現れます。

左側には氷見二千石原ひみにせんごくはらと呼ばれる景色。

穏やかでほのぼの。

女山の山頂までこの続く景色です。

ツルギミツバツツジの季節には笹にピンクの絨毯のように華やかな景色を見ることができるそう。

開花時期は標高差がありますが、5月下旬から6月中旬が平均かなとのこと。

緑と青空に映えるピンクのツツジ・・・

綺麗でしょうね〜。

この後ちょっとした難所を登ると・・・

見晴らしの良い場所へ出ます。

スペースもあるのでちょっとした休憩にもOKですね。

ここから少し登って男山に到着。

蔵王権現を収めた2つの祠が並んでいます。

岩場での休憩も可能。

ただ、木々で囲まれているので、パノラマ絶景とは言えず・・・

でも、CMのロケ地になったUFOライン側は眺めることができますよ。

このUFOラインは「雄峰」からきているそう。

山の側面を縫うように道が続いています。

女山

案内板に沿って女山へ。

少し坂と岩がある箇所もありましたが、歩きやすい道でした。

山の所々に咲く花も和ませてくれますよ。

女山の頂上へ続く1本道。

何だか絵本に出てくる道みたい。

そして・・・

4歳になったばかりの息子と一緒に歩いて、1時間10分ほどで到着。(休憩時間込み)

標高1897mからの景色を1時間ちょっと歩いただけで見渡せるなんて!

初心者にも嬉しい。

石土宗総本山石中寺の祠が鎮座しています。

瓶ヶ森の標高プレートで撮影もできますよ。

子供たちの頑張りの記念になりました。

まだ山に登ったのも数えるほどですが、山によってこんなに景色が違うんだと、ちょっと感動です〜。

 



下山

男山は通らずに、女山からの反時計回りのコースで下山していきます。

展望岩の辺りまでは割と急な坂や階段、岩などがあり4歳の息子も慎重に降りていました。

しばらく下ると左に曲がる分岐点があり、そこからはなだらかな笹原道。

道が見えないほど笹が突き出している箇所もありますが、アップダウンもなく歩きやすいです。

途中、瓶ヶ森の名前の由来にもなった「瓶つぼ」への分岐案内板も設置されています。

この水を楽しみに瓶つぼまで足を運ぶ方もいるそう。

自然の恵みを体全体で感じられそうですね〜。

4歳の息子と休憩しつつのんびり歩いて大体1時間で下山することができました。

往復2時間ほどみておけば大丈夫そうです。

小学1年生の息子はスタスタと進んでいたので、体力や脚力によって登山時間は短くなりそう。

 



おわりに

いかがでしたか。

四国名山の1つに、4歳でも往復2時間もあれば登れる上に、眺望も抜群。

一面に広がる笹原ののんびりとした雰囲気は穏やかな癒しも感じさせてくれます。

時間的にも、景観的にも、初心者や子供との登山で挑戦しやすいお気に入りの山となりました。

ドライブコース UFOラインも含めて、道中も楽しませてくれるお出かけになると思いますよ。

最後まで読んでくださり、ありがとうございました。ブログ村ランキングに参加しています。よければポチッと応援よろしくお願いします。インスタグラムでも投稿しています。下のフォロー欄から気軽に覗きにきてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました