【東温市】『唐岬の滝』ってどんな滝?3歳でも大丈夫?山道も詳しく紹介します!

おでかけ

自然豊かな東温市。

今回は緑と滝のマイナスイオンを求めて『唐岬の滝』へ。

「唐岬」と書いて「からかい」と読むよ。

優美な姿から「女滝」とも言われているんだそう。

幼稚園の子どもと一緒でも行けるかな?

山中の様子も詳しく知りたい!

小1と幼稚園年少(3歳9か月)の息子と一緒に行ったから、どんな様子だったかお伝えするね。

アクセス

国道11号線を桜三里方面に進み、

東温市則之内交差点を県道494号線へ右折。

そのまま道なりへ進んでいくと看板があります。

丁度田植え時期で、のどかな田園風景が広がっていました。

山道を進んでいくと・・・

到着。

駐車場はこんな感じ。

道路脇にあるから停めやすいです。

〒791-0321 愛媛県東温市河之内

唐岬の滝へ

駐車場から「唐岬の滝」へのルートです。

なだらかな坂で幅も広く歩きやすい。

100mほど?歩くと看板が。

登山道と道が分かれますが、すぐに分かります。

ここから500mでつくとの事。

新緑の季節はみずみずしい緑が気持ちいいです。

途中、湧水が道に向かって流れており、20、30mほどぬかるみがありました。

汚れてもいい動きやすい靴で来てくださいね。

半分歩いたところで再び看板があります。

ここまでは余裕でしたが・・・

急に道が細く、険しくなりました。

いい感じの枝をみつけて杖代わりに。

木の根や石を上ったり下りたり・・・

滝は見えませんが、水の流れる音が聞こえてきます。

膝の高さほどの段差もあり、なかなかハードでしたが、

息子達は「冒険みたーい」と楽しんでいました。

小1の息子は自分で気をつけながら最後まで進めましたが、

年少さんの息子は手をつないだり、途中押し上げたりの手助けが必要でした。

特に滝つぼに近づくにつれ、道が険しくなるので気をつけてくださいね。

木の枝や葉などが足元にもあるので、擦らないよう長ズボンがおすすめだよ!

20~25分ほどで到着。

思わず歓声が上がります。

勢いよく流れ落ちていますが、柔らかで繊細な雰囲気も。

優美な姿から「女滝」と呼ばれるのも納得です。

新緑の季節に加え、紅葉の季節も見ごたえがありそう。

季節による変化を楽しみに訪れてみるのもいいね。

そして、幼稚園児でも大丈夫かという点ですが、

体力に自信のあるお子さんなら頑張れると思います。

山道を1㎞歩いたという頑張りは子どもにとっての自信にも繋がりますしね。

ただ、滝つぼに近づくにつれて道が険しくなるので、抱っこで進むのは難しいと思います。

途中で抱っこ~となってしまうお子さんの場合、もう少し体力がついてからの挑戦をおすすめします。

トイレ

駐車場横に男性トイレ1、和式トイレ1が整備されていました。

東温市には自然の魅力がいっぱい。

人もほどんどおらず、おすすめだよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました