クリスマスに<おすすめの絵本>3選♪かわいい動物達の世界に引き込まれます(^▽^)

おうちで遊ぶ

クリスマスシーズン!

ツリーやイルミネーションは見ているだけで楽しい気持ちにさせてくれますよね♪

子供達もクリスマスが近づいてきてワクワクしているようで、

寝る前に読む絵本もクリスマスのものを選ぶことが多くなっています!

今回おすすめさせて頂く絵本は子供達も大好きな絵本(*^^)v

かわいい動物達のお話なので動物好きなお子さんはもちろん、

大人もあたたかくてかわいい絵に癒されるのはないでしょうか。

クリスマスの絵本に興味のある方はぜひ覗いてみてくださいね♪

ねずみくんのクリスマスのおうちさがし

ストーリー

クリスマス・イヴにねずみのアロンくんはおうちをさがしにこずえの森にやってきました。

クリスマスまでにおうちを見つけるためにとっても急いでいます。

そんな中、クリスマスの準備で大忙しのうさぎきつねくまに出会います。

3匹とも準備が上手くいかず困っている様子だったので、アロンくんはそれぞれのお手伝いをすることに。

みんなのお手伝いが終わったのは日も沈んだ頃。

お腹も空いたし、雪まみれで手足も冷えてしまいましたが、早くお家を見つけなくちゃ。

するとアロンくんにぴったりのおうちを発見

ですが手入れをしないと住める状態ではなく、アロンくんはベッド用の木の葉を集めに出かけます。

その途中、先程の3匹の動物達がどこかへ向かって行くのを見かけ手を振ったり声をかけたりしますが、気がついてもらえません。

3匹の動物達はどこへ行くのでしょう!?

そしてアロンくんがもらったとっても素敵なクリスマスプレゼントとは一体何なのでしょうか( *´艸`)

おすすめポイント

まず、このふんわりとした絵のタッチに惹かれます。

絵を見ているだけでも優しい気持ちになれる、そんな魅力があります。

そして雪やツリーや飾りなど、所々にキラキラと光る印刷が施されている所もクリスマスの特別感があって綺麗です(*^^)v

ストーリーでは寒い雪が降り積もる中、まだおうちの見つかっていないアロンくんが困っている動物達のお手伝いをするという、アロンくんの優しさが魅力の1つ。

そして新しいおうち用の木の葉集めをしている時に3匹の動物達に気づいてもらえず、ちょっぴり寂しい気持ちになるアロンくんや、

おうちに帰ると素敵なプレゼントに笑顔で叫ぶアロンくんの気持ちの移り変わりもポイントです。

3匹の新しいおともだち』のアロンくんへのあたたかい気持ちにもほっこりしますよ♪

「アロンくんよかったね*^^*」と息子達も笑顔でした~!

ねずみくんのクリスマスのおうちさがし/レベッカ・ハリー/木原悦子/子供/絵本【合計3000円以上で送料無料】

価格:1,430円
(2020/12/8 23:18時点)

2020年11月20日に出版されたばかりの新しい絵本。

まだ読んだことのない絵本を探している方にもおすすめです♪

ふゆのよるのおくりもの

ストーリー

もうすぐクリスマス。

双子のこねずみのティモシーとサラはお父さんとお母さんと一緒に街に買い物へ。

大きなツリーも買って帰り、素敵なツリーへと飾りつけてクリスマスの準備も万端。

そしておじいちゃんの家へのお土産にお菓子を作ります。

おじいちゃんの家へ出かけるクリスマスイヴの日、ティモシーとサラは「なんだか行きたくない」と元気がありません。

2匹は留守にしているとサンタさんが来てくれないかもしれないと不安になったのです。

そしておじいちゃんの家で楽しく過ごしていた夜にもサンタさんの事を思い出して泣いてしまったサラはお父さんにちょっぴり怒られてしまいます。

そんな気持ちを安心させてくれたのはおばちゃんでした。

クリスマスの夜、お家に帰り着いた2匹は部屋に飛び込みます。

サンタさんは無事来てくれたのでしょうか?

おすすめポイント

※購入した約30年前の価格のため隠してます(´・ω・)

こちらの本も絵がかわいいんです(*^^)v

そして細かくて丁寧な描写が魅力。

子供の頃、クリスマスの飾りつけやお菓子作りのシーンの絵が好きでよく眺めていたのを覚えています。

私が子供の頃・・・

そうです、この本は30年前に出版された本なんです。

時は流れていますね(;´・ω・)

ですが、今読んでもかわいい絵、子供ってそうだよね~と引き込まれるストーリーになっています。

ティモシーとサラは何冊もシリーズで出版されており、子供の頃に読んだというパパさんママさんもいらっしゃるのでは?

自分が読んでいた絵本を自分の子供にも読んであげられるのって嬉しいですよね。

「ママもこの絵本、子供の時に読んでもらってたんよ~」と話すと

子供達も「え~!そうなん!?」と嬉しそうな反応でした( *´艸`)

サンタさんが来てくれないかもしれないと不安になるティモシーとサラもなんだかかわいい。

それだけサンタさんが来てくれるクリスマスが楽しみだったんですね。

現実でも子供達は毎日指折り楽しみにしているので、共感できるところがあります。

そして「ティモシーとサラにサンタさん来るかな~?」「クッキーと手紙置いとるけん、大丈夫よ」との子供達のやり取りもほっこりしました。

そんな不安な2匹を優しさとあったかさで安心させ、最後には2匹をくすっと笑わせられるおばあちゃんも魅力の1つです。

サンタさんが来たのか確かめるために、息を切らすほどダッシュで家の中に入る2匹もプレゼントを見た2匹の反応もとっても無邪気でかわいいですよ(*^^*)

ふゆのよるのおくりもの

価格:1,320円
(2020/12/8 23:15時点)

初めてティモシーとサラの世界を覗いてみるのもおすすめですし、

子供の頃に読んでもらった思い出を自分の子供達にもつくってあげるのもいいですね♪

メリークリスマス おさるのジョージ

ストーリー

仲良しの黄色い帽子のおじさんと一緒におさるのジョージクリスマスツリーを買いに来ました。

「お利口にしてそばを離れるんじゃないよ」と言われていましたが、すぐに約束を忘れ、どんなツリーがあるのか1匹で見に行ってしまいました。

1番高いツリーに上っていると、別のおじさんがその木を切り倒し、ジョージはそのままトラックでどこかへ運ばれて行ってしまいました。

着いた先は子供の病院

ジョージは病院にあるものに興味津々。

レントゲン写真や聴診器、包帯などの面白いものを集め、先程のツリーに飾りつけてしまうのです。

そして子供達に用意されているプレゼントのリボンやカードをめちゃめちゃに・・・

そんな状況をナースに見つかり連れていかれそうになりますが、病気で元気のない子供達がめちゃめちゃなツリーの飾りを見て笑い始めるのです。

子供達の笑顔を見て嬉しくなったナースに、一緒にツリーとプレゼントを綺麗にすることを約束してジョージは子供達と一緒に過ごすことが許されました。

おさるなのでツリーに上ることや子供達を笑わせることは得意です。

こうして子供達ととても楽しい時間を過ごすことができたのです。

因みに黄色いおじさんもジョージを見つけてくれましたよ(*^^)v

おすすめポイント

テレビでもおなじみのおさるのジョージ。

見ているお子さんも多くいらっしゃるのでは?

ジョージは好奇心旺盛ですが、おさるなので忘れんぼう、頑張っても空回りしたり失敗したりすることも多いですが、憎めないかわいいこざるです。

今回は好奇心から病院の”面白いもの”を集めへんてこなツリーを作ってしまいます。

大人からすると大変なことをして!と怒る所ですが、子供達にとっては違います。

ジョージがするからこそのユーモアがあり、子供の心を上手く掴んでいると思います。

実際にうちの息子達も心を掴まれ大笑いしていました(笑)

プレゼントもリボンやカードをジョージなりにもっと良くなるようにと取り換えたのですが、上手くいかない不器用な所もかわいいですね。

最後は子供達と一緒にツリーを素敵に飾りつけ楽しむジョージ。

楽しすぎて自分が迷子になっていることをすっかり忘れていた所もジョージならではだと思います。

無事におじさんが見つけてくれてよかったね♪

メリークリスマスおさるのジョージ / マーガレット・レイ 【絵本】

価格:1,980円
(2020/12/8 23:20時点)
感想(0件)

この絵本は2019年に頂いたものなのですが、クリスマス使用のカバーになっていてツリーの一部が金色にキラッと光る印刷になっています。

そして内側のカバーがプレゼント仕様になっているのでカバーの表裏を変えると・・・

特別感あふれるカバーに(≧▽≦)

ジョージ好きにはたまりませんね♪

おわりに

今回はクリスマスにおすすめの絵本、

  • ねずみくんの くりすますの おうちさがし
  • ふゆのよるのおくりもの
  • メリークリスマス おさるのジョージ

の3つをご紹介しました。

気になる絵本はありましたか?

子供達が楽しみにしているクリスマス。

ぜひ、手に取って一緒に楽しんでみてくださいね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました