【松徳硝子】うすはりタンブラーでいつものビールが劇的変化!驚くほど美味しいビールを自宅で。

自宅でお酒を楽しむ機会が増えたので、少しでも美味しいビールが飲みたい!と松徳硝子の「うすはりタンブラーL」を購入してみました。
結果、今までのビールの感覚と全然違う!めちゃくちゃ美味しい!と夫婦で驚きでした。
グラスが「うすはり」になることで何が変わるのか、実際に呑んだ感想を伝えていきますね。
きっと「うすはり」のビールで今日の疲れを癒したくなるはずです。

東京に本社を構える「松徳硝子」は全て職人による手作業による硝子商品の販売を行っている会社です。
「うすはり」と商法登録されている極薄グラスは余計なものが一切ないシンプルなグラス。

初めて手にした時、その薄さと軽さ、そして何となく手にしっくり馴染む感触に驚きを隠せませんでした。
この超極薄の繊細なグラスが手作業で作られているなんて。
でも逆に、こんなにも繊細なものだからこそ、機械では作れないのかもしれないとも感じられました。

「うすはり」を持った後に、他のグラスを持ってみると余計に軽さや持った時のフィット感の違いが分かると思います。
では、どれくらい薄いのでしょうか。
自宅にあるグラスと比較してみました。

ビールカップ、ジョッキグラス、普段使いのコップと並べてみましたが、「うすはり」の薄さが際立っていますね。
職人さんの技に改めて驚くばかり。

さて、肝心のビールの美味しさですが、もう本当に美味しいのです。
とくとく注いで…

カンパーイ!

グラスが薄いので、ビールがダイレクトに届く感じ。
キンキンに冷えたビールをグラスに注ぐと、普通の厚みのグラスだとビールは冷えているのにグラスが冷たくなく温度差を感じたり、そのせいで何となくビールの冷たさが半減したり…と100%ビールを楽しめていない気がするのですが(勿論グラスをあらかじめ冷やしておくと解決するのですが…)


「うすはり」だと、グラスの厚みが薄いので、注いだ瞬間からグラスにビールの冷たさが伝わるんです。
写真だけでも、冷えた感じが伝わりませんか?
持った瞬間、あ〜冷え冷えのビールだ!とテンションUP。
グラスに口を当てた瞬間からビールの冷たさを感じることができ、そのまま冷え冷えビールを迎えれられました。
また、繊細な飲み口のおかげで、グラスの存在は全く気にならず、むしろ忘れてしまうほど口当たりがよく、ビールだけに集中することができます。

この美味しさは、夫婦で目を合わせて驚くほど。
週末の家ビールがかなり楽しみになっている我が家です。

さてさて、松徳硝子の「うすはり」は、嬉しい木箱入り。
プレゼントにもよさそうです。


私が購入したタンブラーLは、ビールやハイボール、カクテルなどに最適サイズだったよ!

購入前に!お手入れ時のポイントをチェック

  • 食洗機での洗浄は不可×
    • ⇨高温水のため、ガラスが破損する可能性があるので。
  • 内側から力を入れてひねり洗いすると、破損の恐れもあり
    • ⇨柄付きのスポンジで優しく洗うのがベスト!

長く愛用したいお気に入りになったよ!
晩酌が楽しみ!

\ 応援ありがとうございます /

にほんブログ村 地域生活(街) 四国ブログ 愛媛県情報へ
にほんブログ村

\ フォロしてもらえると嬉しいです /

ひめっこ日和 - にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる