ぷるるん感触がやみつき!スライムづくり!

子どもの頃、スライムで遊んだ覚えはありませんか?

ぷるっとした感触がやみつきで、とても好きだった記憶があります。

そんなスライムが自宅で簡単に作れることを知っていますか?

今回は子どもと一緒にスライムづくりに挑戦した様子を紹介します!

スライムはホウ砂を使う方法とコンタクト洗浄液を使う方法の2つがあるよ。

それぞれ紹介するね!

目次

スライムのつくり方(ホウ砂を使う場合)

準備するもの

・ホウ砂(ドラックストアにあります)

・洗濯のり(PVA:ポリビニールアルコール)

・水

・絵具 or 食紅

・割りばし

・容器2つ

ポイント

容器は透明なものがおすすめ!

⇒スライムに変化する様子が観察しやすく、色をつけるときの透明度も分かりやすい。

つくり方
  1. 洗濯のり100mlを水100mlに溶かす
  2. 洗濯のり液に絵具や食紅などで色をつける⇒①
  3. ホウ砂4gを水50mlに溶かす⇒②
  4. ①洗濯のり液に②ホウ砂液を少しずつ加えて素早くかき混ぜ、ほどよく固まったら完成!

※ホウ砂 (株)健栄製薬 商品パッケージより記載

実際の様子を紹介します。

測ったり・・・

混ぜたり・・・

完成です!!

ぷるるん大成功です♪ひんやりして気持ちいいです(^▽^)

Tシャツもたまたまスライムでしたね!(笑)

色つけのポイント

お好みですが・・・

絵具を入れすぎると透明感がなくなり、濃いきつめの色になるよ( ;∀;)

絵具をパレットなどに出して少しずつ混ぜると色が調整しやすく、透明感のあるスライムに仕上がるよ!

濃くなったスライムは戻らないから注意してね!

スライムのつくり方(コンタクト洗浄液を使う場合)

準備するもの
  • コンタクト洗浄液
  • 重曹
  • 洗濯のり( PVA:ポリビニールアルコール )
  • 絵具 or 食紅
  • 割りばし
  • 容器2つ

コンタクト洗浄液を購入する時は、ホウ酸が入っているか確認してね!

これが入っていないとスライムが固まらないよ!

つくり方
  1. 水100mlに洗濯のり100mlを溶かす
  2. 洗濯のり液に絵具で色をつける
  3. 重曹を大さじ1加えて混ぜる
  4. コンタクト液を少しずつ入れながら混ぜる
  5. 程よく固まったら完成

びよ~んといい感じです!

初めて作ったものがこちらだったのですが、(容器も適当・・・(+_+))

絵具をたくさん入れてしまい透明感のないはっきりとした色合いとなりました。

オレンジはちょっとキツイ感じですね・・・

スライムの固さは洗浄液を加減してお好みの固さに仕上げてくださいね。

少し手について扱いにくかったので、冷蔵庫で冷やしてみました。

冷やしたおかげなのか、時間が経過したからかは分かりませんが、扱いやすくなりました。

あそび方

やっぱりスライムといえば、この触感ですよね。もみもみつんつん触ったり、びよ~んと伸ばしたり。

他にはままごとで使ったお友達もいました!

包丁で切り分けたり、丸めてお団子にしたり、ドーナツにしたり、コップにいれてゼリーやジュースに見立てたり・・・

異なる色のスライムを混ぜて違う色のスライムにしてみるのも面白いと思います。

アイディア次第で遊びが広がりそうですね。

保管方法

1回目につくった時はカップにいれてそのまま保管していたのですが、時間の経過とともに乾燥して固まってしまいました。

2回目は乾燥を防ぐため、ジップロックに!日が経ってもぷるるん触感が保たれました!

また色ごとに透明の瓶に入れると乾燥防止に加えて、かわいく保管できると思います。

注意事項

  • スライムを触った手で目、鼻、口を触らない
  • スライムで遊んだ後はしっかり手を洗う
  • カーペットや衣類につくとのきにくい!レジャーシートや粘土板などつるつるしたものの上で遊ぶ!

おわりに

いかがでしたか?

スライムで遊ぶ楽しみはもちろんのこと、計量や色つけ、材料を混ぜ合わせることで液体が変化していく不思議を感じることもできるスライムづくり!

魅力たっぷりです(・∀・)イイネ!!

休日のおうち時間に子どもさんとぜひ作ってみてくださいね。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる